セフレの子は足が長くて魅力的だった

ぼくは兵庫セフレ掲示板で、痩せたきれいな女の子をセフレにできましたよ。
その子とは、はじめてのデートでじっくり時間をかけて二人の心と体の距離を近づけられたので、はじめて会ったその日のうちにエッチができました。
普段のぼくはとろいから、会ったその日というのは、自分でも驚いているくらいに早かったんですね。
セフレとして付き合うようになった女の子たちとも、早くても3度目のデートでのエッチなんですよ。

兵庫セフレ掲示板の女の子は足が長いのが魅力

掲示板から始まったセフレ関係の彼女は、痩せていて、しかも足が長いんですよ。
はじめて会ったその日はズボンで足を隠していたんですけど、ショートパンツとかミニスカを履いてほしいですね。
彼女は足を出した方が魅力的だと思うんですよ。
ぼくがそう言うと、考えておくという前向きな答えをいただきました。
ぜひおなしゃす

と言いつつ、何を着ていてもどうせすぐに脱がしちゃうんですけど(笑)
脱がすまではそのセクシーな服装を楽しみたいんですよ。

兵庫セフレ掲示板の女の子と楽しくランチデート

掲示板でいい感じに話ができたので、いっそ会おうという話になりました。
ちょうど休日に時間を作れました。
女の子とは半日一緒に過ごすことができることになりました。
それだけ一緒にいれば、別れる前に一発やることも不可能ではないと、俄然やる気が出てきましたよ。

あとは、当日どこに行くかでしたが、ちょうどぼくは兵庫民なのにビフカツを食べたことがなかったので、ビフカツをリクエストすることにしました。
彼女がビフカツが好きで、おいしいお店を知っているということでした。
そして、女の子オススメの元町駅の沿線のビフカツが食べられるお店に行くことにしました。

当日は、元町駅で待ち合わせをしました。
待っていると、足の長い女性がぼくのほうに近づいてきました。
こんにちは!
とてもあかるい女の子でしたよ。

兵庫セフレ掲示板の女の子は体が硬かった

ご飯がおいしいと、自然とお互いの印象もよくなりますよね。
彼女がオススメするお店に行ったのは正解でした。
そのお店に、彼女は誰と行ったんでしょうね。

おいしいご飯の力を借りて、最終的にはラブホテルに行けました。
彼女は足が長いので、勝手に柔らかいと思い込んでいたぼくは、挿入するときに思いっきり女の子の脚を広げてしまいました。
いった~!
女の子の悲鳴で体が固いことに気づきました。
だから、慌てて女の子の脚を閉じて、彼女のほうに足を伸ばしてもらうことにしました。
そして、ぼくが足を広げてピストンしましたよ。
おかげで股間が痛くなりましたが(笑)

エッチが終わってから、今度海に行こうと約束しました。
ということは、彼女はぼくのセフレになってくれたってことですよね。
セフレとしてエッチしながら、これから少しずつ彼女の体をほぐしていこうと思います。