【三宮セフレ掲示板】おやじギャグに耐えながらセックスする女性の体験談

2018年8月9日

ワタシ、出会いがなくて出会い系でセフレを見つけちゃいました。
ワタシもセフレも神戸に住んでいるから三宮でばっかり会っているんですよ。

三宮でセフレに会うのは、他に行くところがないからなんです(笑)。
彼はランチには連れていってくれるんですけど、ディナーに連れて行ってくれることはないんですよね。
それって意外とケチですよね(笑)
それとも、平日の夜に会うことがないから、連れていきたくても行けへんだけなのかしら。

待って、会うのはいつもお休みの日の昼間なんだから、お夕飯までには家に帰れるんですよ。
せやったらセックスした後でディナー行けますよね?
それを行かないんだから、やっぱり彼はケチなのね、プンプン。

食事目的で付き合っているわけやないから、そこはいいんです。
それよりももっと大事な問題が彼にはあるんですよ。
彼は、若いころはサーフボードに乗っとったけど、今は女に乗っとる。
ワタシといる間ずっとこの調子でおやじギャグで襲い掛かってくるんですよ(笑)
それが、おもしろくなさが笑えるダサさならいいんやけど、リアクションしようのないさむいギャグだから困るんですよ。
本人はどや顔で言うし。
お化粧するふりして適当に聞き流してますけど、どうしたらおやじギャグを言うのを辞めさせられると思いますか?

しかも、若いころはサーフボード、今は女に乗るとかおやじギャグを言うわりには、好きな体位は騎乗位なんですよ。
信じられます?
ワタシがお腹の上にのって腰を振る姿を見るのが好きなんやって。
会うたび騎乗位をするから、すっかりグラインドが上手になっちゃいましたよ。
せやから彼、ワタシのグラインドですぐ逝っちゃうんです。
最初のころは、自分だけ満足してすぐ眠っちゃっていたから、ちゃんとワタシのことも気持ちよくするように説教してやりました。
ほんで今は顔騎させているんですよ。
ワタシが逝くまで無理やり顔に押し付けてやってます(笑)

ワタシを気持ちよくするまで絶対に動かないから、必死に手と舌を使ってワタシを逝かせようとするんですよ。
それがおかしくて、悪気はないんですけど、太ももで彼の顔を挟んじゃうんです。
これでお互いに気持ちよくなれるんですけど、ワタシを逝かせたころには彼も回復して、もう一度セックスする流れになることもあるんですよ。
3度目はもうワタシも敏感になっているから、彼で逝くことができるんですよね。

考えてみると、何度もセックスしているから、そのあとに食事とか行きたいと思ったことがなかったです(笑)